FC2ブログ

プロフィール

プリティチーコ

Author:プリティチーコ
何歳になっても、感激する気持ち、内面も若々しく、外見もそれなりに維持するために、いい化粧品、いいサプリを探求して、ちょっと運動もしている私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

毬月ソープ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

☆バック☆

                DSC_1686.jpg
ゴルフカートに小物を入れるバックを置いていると、
よくカラスにバックの中を荒らされます。
しっかりファスナーを閉めておかないと
持って行かれます。
コンペに新しいバックを持ってでかけましたよ。
初夏のような気候でゴルフ日和です。
               DSC_1690.jpg
ほとんどすべてのグリーンが傾斜がきつく
四苦八苦しました。
              DSC_1689.jpg
山桜でしょうか?
目の保養になりましたよ。
スポンサーサイト

♪コンサート♪

             コンサート
「五木ひろし&八代亜紀スペシャルコンサート」を
聴きに出かけました。
広い会場がほとんど満席状態です。
二時間ほどのコンサートでしたが、とても懐かしい曲が多く
しっくりきます。
横浜たそがれ、お前と二人、千曲川、山河、
舟歌、涙恋、女の港町などなど!
デュエット曲やそれぞれのヒット曲などを衣装を何度も替え
歌います。
舞台の照明なども凝っており楽しい時間でした。
今月のボイストレーニングの曲は宇多田ヒカルの「花束を君に」
この曲だけでなく最近の曲はとても難しく感じます。
やっぱり自分の若い頃流行った曲を聴くとホッとししますね。

♪秀山祭九月大歌舞伎♪

               歌舞伎4 7日
友人三人で歌舞伎鑑賞に出かけました。
               歌舞伎5 7日
演目は吉野川、らくだ、元禄花見踊
               歌舞伎3 7日
緞帳もみごとです。
               歌舞伎2 7日
吉野川は親の不仲の故,相思相愛の子供たちが
会うこともかなわないのですが、互いに我が子を犠牲にして
相手のの家を守ろうと親が子供の首をはね、
結果的に亡くなってから祝言を挙げるという
悲しいストーリーです。
玉三郎の立ち居振る舞い、セリフが心にしみます。

らくだは落語を基にした笑える一幕です。

元禄花見踊は花見の様子を華麗で派手やかな
長唄にのせてみせる舞踊です。
玉三郎の踊りが又あでやかで
本当に感動しました。
                歌舞伎1 7日
幕間においしい柿の葉寿司を食べましたが、
やはり非日常な空間に入り込むのは楽しいものです。


☆おちくぼ物語と棒しばり☆

歌舞伎座2
友人と二人で八月納涼歌舞伎を見に出かけました。
               歌舞伎座3
「おちくぼ物語」
七之助演じるおちくぼの君と隼人演じる左近少将の
日本版「シンデレラ」物語です。
源中納言の先妻の姫が継母や異母妹などに
いじめられて、日当たりの悪い一番落ちくぼんだ部屋に
住んでいましたが、都で一番の貴公子、左近少将との恋を
成就させます。美男、美女の美しい物語です。
              歌舞伎座4
緞帳、水辺の四季
幕間に歌舞伎座で買ったお弁当、薫風を楽しみました。
              歌舞伎1
歌舞伎座で食べるお弁当は雰囲気もあるのでしょうか?
とてもおいしく感じられます。
「棒しばり」
無類の酒好きの勘九郎演じる次郎冠者と巳之助演じる太郎冠者の
主人が留守中に酒を盗み飲まれないように次郎冠者に棒を
つかませしばり太郎冠者には後ろ手を縛って外出しますが、何とか
酒を飲みお互いに踊りだします。
踊りも素晴らしいのですが、おかしみもあり
本当に楽しめました。
久しぶりの歌舞伎ですが、やっぱりいいですね。

♪横浜と映画♪

久しぶりに横浜に出かけました。
               横浜2
ストリートミュージシャンも垢抜けた感じです。
               横浜1
ランドマークタワーの70階「シリウス」でビュッフェを楽しみました。
               横浜5
とても柔らかいローストビーフ
               横浜4
オニオンスープや魚介類の料理
               横浜7
フルーツ
              横浜8
デザート
ランチをゆっくり楽しんだ後、アナと雪の女王を鑑賞

ディズニー映画ですが、大人でもかなり楽しめる内容です。

映像の迫力、色彩のきれいさ、思いやりが起こす奇蹟

映画館を出てからも感動の余韻が続きましたよ。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ